コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. 復興庁発刊の「新しい東北」先導モデル事例集vol.2に、孝行デマンドバスの事例が掲載されました。

復興庁発刊の「新しい東北」先導モデル事例集vol.2に、孝行デマンドバスの事例が掲載されました。

  • 2016.02.11

システム開発のコガソフトウェアは、復興庁「新しい東北」先導モデル事業として、平成26年2月3日から2月14日・および平成26年10月24日から1月25日までの3ヶ月間、 福島県いわき市で、弊社の「孝行デマンドバス」システムを用いて「民間主導型オンデマンドバスによる高齢者移動自立支援事業」の実証運行を行いました。
この事例が、「新しい東北」先導モデル事例集vol.2に掲載されましたので、お知らせいたします。

reconstruction_cover



reconstruction_koko-bus (1)




こちらから事例集のPDFファイルをご覧いただけます。

banner_2301 (1)

これまでの先導モデル事業の取組から15事例を紹介するとともに、「自治体版ハンズオン支援事業」(地域課題の解決に取り組む地方自治体に対してノウハウ面での支援を行う事業。平成27年度より開始し、これまで9自治体を支援。)についても紹介しています。
また、復興推進委員会委員や地域で復興の取組を進めている方々による、「コミュニティ」と「産業復興」をテーマに「新しい東北」のこれまでの取組や今後の展望を議論した対談記事も掲載しています。(リンク先より引用)



■孝行デマンドバスについてはこちら

■民間主導型オンデマンドバスによる高齢者移動自立支援事業についてはこちら
http://www.kogasoftware.com/topics/post-1754/
http://www.kogasoftware.com/ondemand-bus/relation-works/newtohoku-demandbus-sharing/
http://www.kogasoftware.com/topics/post-6041/


システム開発のコガソフトウェアは、日本国の発展並びに日本国民の福祉に寄与できるよう、システム開発を通じた取り組みを進めてまいります。
  • 一覧へ戻る

復興庁発刊の「新しい東北」先導モデル事例集vol.2に、孝行デマンドバスの事例が掲載されました。 - ページ上部へ