コガソフトウェア株式会社の孝行デマンドバスシステムについてご覧になれます。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. 事業内容のご紹介
  3. 開発を通した社会貢献
  4. デマンド交通システムの孝行デマンドバス | システム開発のコガソフトウェア

デマンド交通システムの孝行デマンドバス | システム開発のコガソフトウェア

孝行デマンドバス

孝行デマンドバスは、フルデマンド・セミデマンドの運行モードに対応する、世界で唯一のハイブリッドデマンド交通システムです。
クラウド型SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)で、どの地域でも簡単に導入いただけます。
システム開発のコガソフトウェアは、孝行デマンドバスで公共交通空白地域、過疎地域をはじめとした移動困難者、買い物難民、高齢者の方々の外出を支援するとともに、地域活性化、医療費削減、CO2排出量削減、交通事故削減に貢献します。
デマンド交通(オンデマンドバス)の概要

デマンド交通とは?

少子高齢化の急速な進展に伴い、移動を取り巻く社会環境の悪化が深刻化しています。

  • 路線バスなど公共交通の収益低下、移動空白地域および移動困難者の増加
  • マイカー移動者の高齢化による交通事故の増加

こうした問題に対処する移動手段として、デマンド交通の導入事例が増えています。
デマンド交通は、利用者の要求(デマンド)に応じて運行する、新しい交通の仕組みです。
コミュニティバス等の地域交通に代わる、新たな生活交通として注目されています。
具体的には以下の特徴を備えています。

  1. 利用者の要求(デマンド)に応じて、決まった路線ではなく、希望の場所へ、希望の時刻に運行します。
  2. 予約があるときにだけ運行します。
  3. 公共の乗降場だけでなく、自宅へも運行でき、ドアツードアの送迎が可能です。
    (路線バスとタクシーの中間に位置する交通サービスであり、一般的には、輸送密度が比較的低い過疎地・中山間地域での運行に適していると考えられます。)
  4. 車両は、セダンタイプからワゴンタイプまで、地域に応じて様々な形態で利用されています。

路線バスとタクシーの中間に位置する交通サービスであり、一般的には、輸送密度が比較的低い過疎地・中山間地域での進行運行に適していると考えられます。

交通サービスの類型と特徴

日本では2000年台後半より、路線バスやコミュニティバスの利用者数の減少や財政負担の増加などの理由から、既存公共交通の代替サービスとしてデマンド交通が登場し、各地で実証実験や本格的な運行が行われています。

     
類型 特徴 運営主体 関連法規
路線バス
  • 不特定多数の乗客を一度に運ぶことが可能な乗合バス。
  • 鉄道がない地域での主要な公共交通手段であり、鉄道がある地域では補完的な役割を果たす。
  • 過疎化・高齢化の進展に伴い、「空気バス」が増加傾向にある。
主に交通事業者 道路運送法第4条 一般乗合旅客自動車運送事業の路線定期運行
コミュニティバス 既存の路線バスではカバーしきれない地域の住民の移動手段を確保する乗合バス。 主に自治体や地域の市民団体等 道路運送法第4条 一般乗合旅客自動車運送事業の路線定期運行または不定期運行
道路運送法第79条(登録) 自家用有償旅客運送の市町村運営有償運送
乗合タクシー
  • コミュニティバスと似た特性を持つが、輸送密度が小さい場合に、小型車両で運送するもの。
  • 比較的狭い道路でも運行可能であり、路線・停留所設定の自由度が高い。
主に自治体や地域の市民団体等 道路運送法第4条 一般乗合旅客自動車運送事業の路線定期運行または不定期運行
デマンド交通
  • 路線バスのように運行ダイヤとルートが固定されていてはカバーできない需要に応じて運行する。
  • ルートとダイヤを組み合わせ、以下のような多様なタイプがある。
    1. ダイヤデマンド・ルート固定
    2. ダイヤ定時・ルートデマンド…弊社セミデマンドモード
    3. ダイヤ・ルートともデマンド…弊社フルデマンドモード
主に自治体や地域の市民団体等 道路運送法第4条 一般乗合旅客自動車運送事業の路線不定期運行または区域運行

デマンド交通の導入目的

001

デマンド交通の導入目的は地域によって異なり、複数あることがほとんどですが、全ての地域住民の足を確保し、ニーズを満たすことは不可能です。
そのため、導入にあたっては運行目的を明確にしておくことが望ましいです。導入目的の一例をご紹介します。

【行政施策の例】
  • マイカー利用や路線バス廃止等に伴う、公共交通空白地域の解消
  • 市町村合併に伴う公共交通サービス水準の平滑化
  • 高齢者の移動手段の確保
  • 遠距離通学児童・学生の移動手段の確保(スクールバス利用)
  • 日常生活の利便性向上
  • 行政経費の節減
  • 交流と出会いの場の提供、地域間コミュニティの形成
  • 買い物支援等のサービスと組み合わせて見守りネットワークの形成
  • マイカー代替によりCO2削減効果
  • 外出機会増加による医療費削減効果

【商業施策の例】
  • 商店街の活性化、交通の足がハードルとなっている潜在消費者の需要喚起
  • 観光者や海外客への移動手段の提供
  • 夜間のタクシー代行に代わる送迎施策

以下の外部リンクも併せてご参考ください。
中部運輸局様「創ろう!地域公共交通

デマンド交通システムの孝行デマンドバス | システム開発のコガソフトウェア - ページ上部へ