コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. 株式会社グローバルイノベーションズ主催の「第2回先進経営塾」に代表取締役 古賀詳二が登壇しました。

株式会社グローバルイノベーションズ主催の「第2回先進経営塾」に代表取締役 古賀詳二が登壇しました。

  • 2022.02.24

システム開発のコガソフトウェア 代表取締役 古賀詳二は、2022年1月21日に開催された「第2回先進経営塾」(主催:株式会社グローバルイノベーションズ、共催:アクサ生命保険株式会社)に登壇いたしました。
当社の健康経営の取り組みが紹介されました。


<<当日のセミナーの模様>>



コガソフトウェアの経営理念の一つ「社員並びにその家族が穏やかなる精神を持てる職場文化を育成する。」 のもと、健康づくりに取り組んでまいりました。 今後も従業員とその家族の健康保持・増進に向けた取り組みを行い、職場環境づくりに努めてまいります。


当社の健康経営に関する取り組み

取り組み内容については、健康経営ページをご覧ください。


健康増進に関する社会課題の解決に向けた取り組み

当社製品の「メディカルフィットネス」、「ゆがみチェッカー」を普及することで、従業員の健康増進だけでなく日本国民の健康寿命延伸や医療費削減といった社会課題の解決に貢献してまいります。

■メディカルフィットネスについてはこちら

「メディカルフィットネス」は、iPad等から健康診断情報や整形系の症状・体調といった情報を入力するだけで、医学的根拠に基づいた最適な運動メニューを提供し、健康増進や機能維持を支援できるクラウドアプリケーションです。


■ゆがみチェッカーについてはこちら

「ゆがみチェッカー」は、小型カメラとパソコンだけで簡単に人の体のゆがみを計測できるプロダクトで、現在の体のゆがみや、今後痛める可能性のある部位、未来の体型を割り出し、改善に効果的なエクササイズを自動で提案します。

  • 一覧へ戻る

株式会社グローバルイノベーションズ主催の「第2回先進経営塾」に代表取締役 古賀詳二が登壇しました。 - ページ上部へ