コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. <メディカルフィットネス>スポーツ庁 2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)」にて大阪府門真市での提案が採択され、システム提供者として参画いたします。

<メディカルフィットネス>スポーツ庁 2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)」にて大阪府門真市での提案が採択され、システム提供者として参画いたします。

  • 2019.09.25

大阪府門真市にて医療と連携した地域における運動・スポーツの習慣化の実践を目指し、メディカルフィットネス®システムを利用した地域診療所通院患者のサルコペニア予防、介入における運動習慣の実践事業が2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)」にて採択されました。

1.事業の目的

①地域医療機関に専門知識を有する運動トレーナーの紹介または、運動施設や介護予防施設で勤務する運動指導者を紹介するモデルを介し、運動指導および運動施設を紹介することで、運動、スポーツを習慣化すること

②運動への介入とその効果、評価を共有し、患者への説明、モチベーションの維持、安全で効果的な運動、スポーツの習慣化をアプリにより標準化し、簡便かつ適切に管理、施行できるシステムの確立すること

2.事業概要



2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)」とは

多くの住民が運動・スポーツに興味・関心を持ち、その習慣化を図るためのスポーツを通じた健康増進に関する取組を行う「運動・スポーツ習慣化促進事業」、地域スポーツコミッションの活動を通じたスポーツ合宿・キャンプの誘致、スポーツアクティビティの創出等により、まちづくり・地域活性化を図る「スポーツによるまちづくり・地域活性化活動支援事業」の二つの事業から構成されている。
(http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/boshu/detail/1414049.htm)
スポーツ庁HPより抜粋


お問い合わせ

●メディカルフィットネス®についてはこちら

  • 一覧へ戻る

<メディカルフィットネス>スポーツ庁 2019年度「スポーツによる地域活性化推進事業(運動・スポーツ習慣化促進事業)」にて大阪府門真市での提案が採択され、システム提供者として参画いたします。 - ページ上部へ