コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. 採用情報
  3. 先輩社員の声
  4. システム部業務部門第1課第1グループ R.F.

システム部業務部門第1課第1グループ R.F.

システム部業務部門第1課第1グループ R.F.

rf1
名前
R.F.
所属
システム部業務部門第1課第1グループ
入社
2012年4月 入社
卒業学部学科
早稲田大学文学学術院心理学コース

なぜコガソフトウェアを選んだのか

最大の理由は「人の魅力」です。
コガソフトウェアの選考は、『社長セミナー』から始まります。
第一次選考から社長に会える、というのは珍しいですよね。当社の社長はとてもエネルギッシュ(一言では言い表せないですが、あえて言うなら)な人で、私は話を聞いてとても衝撃を受けました。
その後も、社員との面接ではとてもあたたかい雰囲気でゆっくり話ができ、『人材を大切にする』とセミナーで社長が強調していた社風が会社全体に浸透していることを感じました。
入社してみると、どの社員も本当に親切ですし、勉強熱心でさまざまな点で会社や自分自身を良くしようと努力をしていて、尊敬できる方ばかりでした。
私も、コガソフトウェアの誇る魅力を感じられる人材になれるよう、日々精進していきたいと思っています。

現在の仕事内容とやりがい

rf2

現在は、facebookアプリを作成するプロジェクトに関わっています。
システムだけでなく、画面の細かいデザインまで気を使わなくてはならないので、そこは大変な部分です。
しかしその分、自分が一生懸命作って完成したものが実際にfacebookで表示され、使えるようになると、嬉しい気持ちや誇らしい気持ちになります。また、登録してくれた人が増えると、「もっと使いやすくしよう!」とやる気が湧いてきます。
誰かの役に立っている、喜んでもらえている、という実感がやはり一番やりがいを感じるように思います。

1日のスケジュール

8:45
出社
業務は9:00からですが、少し早めに出社してお茶を淹れ、メールチェックをしたり、ネットニュースを読んだりしています。
朝、リラックスしてから仕事に臨むと一日のやる気が出ると思います!
9:30
プログラミング業務
メールの返事をしたり、その日のスケジュールを確認したりしてからはプログラミング業務を行います。
一日のほとんどはこの時間です。ちなみに、ずっとコードを打っているかというと、どちらかというと調べ物の時間が多いように感じます。
自分の知識が足りないという理由ももちろんあります。ただ、どんなにベテランのプログラマーでも、この業界は新しい技術がどんどん出てくるので勉強は欠かせません。
14:00
会議
週に1〜2回、2時間程度、プロジェクトの会議があります。
普段も毎日15分程度の短いミーティングがあり、必要なときは席で話しあったり、チャットでこまめに連絡していますが、やはりメンバーの進捗やお客様のお話をゆっくり聞ける時間は重要だと感じています。
19:00
退勤
その日に予定したプログラミング業務を終え、週次業務報告書や勤務表を提出したら退勤です。
帰る時間は日によってまちまちですが、友人と夕飯の予定を入れている日は定時きっかりに帰ったり、その日にやろうとしていたことが終わらなければ残ったりと、必要に応じて業務を調整しています。

今後の目標

rf3

Ruby on Railsを中心にもっと勉強し、小さなプロジェクトを立てて設計・開発・デプロイまで一人でやり遂げてみたいです。どのフローでも必要な知識が違うのですが、その全てに関われるSEになることを目標にしています。

学生へのメッセージ

この会社は、
①勉強が好きな人
②やりがいを持って楽しく仕事がしたい人
③一緒に働く仲間と仲良くなりたい人
に向いていると思います。
逆に言えば、
①学生時代どんな勉強も嫌いだった人
②会社にいる時間以外は仕事に関係することをしたくないという人
③仕事の内容以外のことを会社の人とは話したくない人
にはあまりおすすめできないということです。
就職活動を通していろいろな会社に出会うと思いますが、『自分が働く上で本当に大切にしたいことを大切にしてくれる会社』を見つけることが、一番大切だと思います。皆様がそんな会社に巡り逢えますよう、陰ながら応援しております!

新卒採用の詳細はこちらから

  • コガソフトウェアの魅力
  • 募集要項
  • 一覧へ戻る

システム部業務部門第1課第1グループ R.F. - ページ上部へ