コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. 「孝行デマンドバス」「ケアサポーター」がIT導入補助金の対象ツールに認定されました。

「孝行デマンドバス」「ケアサポーター」がIT導入補助金の対象ツールに認定されました。

  • 2017.07.19

コガソフトウェア株式会社のデマンド交通システム「孝行デマンドバス」および、通所介護帳票作成サポートシステム「ケアサポーター」はこのほど、経済産業省が推進する「IT導入補助金」(正式名「平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」)の対象ツールに認定されました。

IT導入補助金とは

サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、こうしたITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の経営力向上を図ることを目的としています。

(事業スキーム図)

IT導入補助金事業スキーム図



詳細につきましては、サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局の事業ページをご参照ください。
→サービス等生産性向上IT導入支援事業


お問い合わせ

■孝行デマンドバスについてはこちら


■ケアサポーターについてはこちら


システム開発のコガソフトウェアは、日本国の発展並びに日本国民の福祉に寄与できるよう、システム開発を通じた取り組みを進めてまいります。
  • 一覧へ戻る

「孝行デマンドバス」「ケアサポーター」がIT導入補助金の対象ツールに認定されました。 - ページ上部へ