コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. 弊社製品オンデマンドバスシステム『孝行デマンドバス』が韓国での約3週間の実証運行を無事終了しました。

弊社製品オンデマンドバスシステム『孝行デマンドバス』が韓国での約3週間の実証運行を無事終了しました。

  • 2013.08.13

韓国で、孝行デマンドバスを利用した実証運行が7月22日〜8月11日に行われ、無事終了しました。

オンサイト対応をせず、リモートによる支援で運行を開始し、運転手も車載器も地元の研究員の方が自前で用意し、コストをほとんどかけずに運行を開始できました。

今回、日本のシステムを活用した海外で初のオンデマンドバス(海外ではDRT)の運行が実現できたとともに、コストをかけずに自由に運行を開始でき、利用者も口コミで広がり、実証運行は大成功といえます。

正式な報告が当局より行われる予定ですので、状況については追って当ホームページ上で報告します。

韓国、忠清南道DRT実証実験現場に視察
運行要領
  • 運行区域:韓国忠清南道扶余郡外山面10里
  • 期間:7月22日~8月11日
  • 車両:1台
  • 運行時間:

(以下、上記リンクの翻訳概要。)
<速報> =全国で初めて韓国忠清南道が需要応答型公共交通システム(DRT)導入を推進している中で、扶余郡外山面で行われたDRT実証実験の結果、多くの住民が利用に満足感を示した。

8日、韓国忠南発展研究院などによると、先月22日から11日まで忠南扶余郡外山面10里、約2,000人の住民を対象に、住民参加型DRT実証実験を実施している。 DRTはバス路線やダイヤを決めずに、乗客の需要に応じて運行エリア内を運行する運送事業で、一種の ‘コール(Call)バス “の概念である。

韓国忠南発展研究院はDRT導入の決定するため、妥当性等の政策研究の基礎資料を完成し、補助金/費用便益と消費者の満足度、サービスの有効性を検証するために実証実験を実施した。

実証実験を開始した1週間目には多くの住民に告知が出来なかった点、事前に予約しないと乗れないなどの理由のため、一日平均5.3人がバスを利用しました。しかし、従来のバスよりも便利で、自分が希望する時間帯に行きたいところに乗り降りができる点などが口コミで住民の中で広がった2週間目には11.3人、3週間目には21.5人で利用者数が急増している。

このように需要応答型バスの利用者数が急増した理由は、既存路線の運行回数が少ないこと、住宅地とバス停までの距離が遠いことなど、既存のバス利用が不便であったと分析される。

扶余郡外山面花城里3里に住んでいるジョソンヨル(85)さんは “家からバス停まで行く道は坂で、最近のような暑い夏にはバス停まで行く途中に何度も休んで行けないといけない”、”もし、バスを逃すと次のバスを待つのが出来なくて、すぐに家に帰っているが、このバスが走ってからは、すべてが楽になりました。継続し、バスを運行してほしい “と話した。

2時間に1便運行しているバスの代わりに需要応答型バスが入って生活パターンの変化も生じている。余暇活動を楽しむために役場に訪問する人もいるし、体が不自由な高齢者は通院に行く回数も多くなった。当日も需要応答型バスの利用者はほとんどが自治体が運営するヨガ教室に行く50〜60代の女性や保健支所に行く高齢者であった。

バスを直接運転している韓国忠南発展研究院ユジュンイル研究員は “外食や、手続きをするために面所在地に出る方々も多いが、ヨガや通院などの目的でバスを利用する人も多い”と話した。 “実際にジョソンヨル氏の場合、実証実験前にはは週1,2回に保健支所に通院したが、バスが運行された後は、毎日健康支所に訪問している”と述べた。

韓国忠南発展研究院は今回の実証実験が終わった後、住民の満足度調査を実施した後、9月初めに中間役報告会を開催する予定である。
  • 一覧へ戻る

弊社製品オンデマンドバスシステム『孝行デマンドバス』が韓国での約3週間の実証運行を無事終了しました。 - ページ上部へ