コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. トピックス
  3. <孝行デマンドバス>「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に参画しました。~移動課題の解決へ加速~

<孝行デマンドバス>「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に参画しました。~移動課題の解決へ加速~

  • 2019.06.21

システム開発のコガソフトウェアは、「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に参画しました。


(画像出典:スマートモビリティチャレンジ キャンペーンサイト)


コガソフトウェアは、オンデマンド交通システム「孝行デマンドバス」を開発し、さまざまな地域で少子高齢化に伴う移動課題の解決に取り組んでいます。

「スマートモビリティチャレンジ」プロジェクトでは、今後、スマートモビリティチャレンジ推進協議会の活動を通じ、具体的なニーズやソリューションに関する情報共有を促すとともに、新しいモビリティサービスの地域における事業性・社会受容性向上のポイント、地域経済への影響、制度的課題等を整理し、ビジネス環境整備を進めることとされています。

「新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化」に貢献するため、地域・事業者の皆様と協力・連携しながら、取り組みをより一層加速して参ります。

スマートモビリティチャレンジとは


経済産業省と国土交通省では、将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化を目指し、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を開始します。地域や企業等が幅広く参加する協議会を立ち上げ、具体的なニーズやソリューションに関する情報共有を促すとともに、先進的な取組を進める地域において事業性分析等を実施し、ベストプラクティスの抽出や横断的課題の整理等を進めます。

具体的には、「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」を立ち上げ、地域毎にシンポジウムを開催するなど、地域や企業等の取組に関する情報共有を促進し、ネットワーキングを進めます。また、先駆的取組に挑戦する「パイロット地域」に対する事業計画策定や効果分析等の支援を実施します。なお、国土交通省では「スマートモビリティチャレンジ」とも連携し、「新モビリティサービス推進事業」を実施します。全国各地のMaaS等新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通サービスの課題解決に向けたモデル構築を行います。


お問い合わせ

オンデマンド交通サービス「孝行デマンドバス」は、フルデマンド・セミデマンドの運行モードに対応する、世界で唯一のハイブリッドデマンド交通SaaSです。オートルーティングアルゴリズムによってオペレータの配車計画を支援するとともに、運行指示はドライバー向け車載器に連携されます。この車載器Androidタブレットは、SIM経由でクラウドと通信します。クラウドに蓄積された運行データは、レポーティングダッシュボードにより、多面的かつ手軽に分析できます。

  • 一覧へ戻る
システム開発のコガソフトウェアは、先端IT技術を活用、自動運転技術やMaaSと連携しながらオンデマンド交通の普及を目指します。日本国の発展並びに日本国民の福祉に寄与できるよう、健康・交通・環境の領域を中心に、今後一層、地域社会の課題解決や活性化に貢献してまいります。

<孝行デマンドバス>「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に参画しました。~移動課題の解決へ加速~ - ページ上部へ