コガソフトウェア株式会社は、孝行デマンドバス、環境、ヘルスケアなどの
ソフトウェア・インフラの開発を通して、様々な分野での社会貢献を目指します。

  1. システム開発のコガソフトウェア
  2. 事業内容のご紹介
  3. システム開発事業
  4. システム開発事業|開発スタイル
  5. システム開発事業|オフショア開発

システム開発事業|オフショア開発

システム開発のコガソフトウェアは、お客様のグローバルビジネスをサポートするため、ベトナム・オフショアのハイスキルなシステムエンジニアとも協力体制を整えております。 システム開発のご相談・お見積り等、お気軽にお問い合わせください。


  • オフショア開発とは

    オフショア開発とは、海外で行うシステム開発のことです。 日本では、IT人材が需要に対して供給不足の状況です。少子高齢化により労働者人口も減少の途を辿っており、ハイスキルなIT人材は、今後ますます不足が見込まれます。 また現状、日本や欧米など先進国に比べて新興国の人件費は安く、コスト削減が見込めます。

    これまでは特に大規模開発案件で、中国やインド、ミャンマー、ベトナムを中心に、東南アジア諸国におけるオフショア開発が採用されてきました。しかし、成功事例はまだ まだ少ないのが実情です。 主な失敗理由は以下に集約されるようです。

    • 距離、言語、文化、価値観の違いから、ミスコミュニケーションが多発する。
    • 言葉の問題から、日本人ならすぐに理解できる仕様も伝えることが難しい。
    • 多量かつ詳細なドキュメントを作成する必要があり、余計なコストが発生する。
    • 日本人に比べ、エンジニアリングスキル、成果や納期へのコミットメントが弱い。
    • 品質が悪く、大幅な手戻りが発生する。テストがしっかり行われない。

    ベトナムでのオフショア開発

         


    上記の背景を踏まえ、システム開発のコガソフトウェアは、 ベトナム・ホーチミンシティに開発ラボチームを立ち上げました。 ベトナムでのオフショア開発の魅力はたくさんあります。

    • ベトナムは親日かつ友好的で、コミュニケーションが取りやすい
    • エンジニアとして仕事をするためには大学でエンジニアリングを専攻することが必要なので、基礎学力が高い
    • 2014年時点の国民平均年齢は29歳で、平均年齢46歳の日本に比べ、非常に活気に満ちている
    • 現在は、エンジニアの平均人件費が日本の1/4程度であり、コストメリットを出しやすい

    また、失敗理由に挙げた不都合を解消するために対策を打ち、日々プラクティスを新しくしています。

    • ベトナムラボにおける日本語会話の仲介役として、コミュニケータを確保
    • ドキュメント量の削減のため、アジャイル開発・スクラム体制を構築
    • 小さいチームから始め、プラクティスを共有・改善
    • テストやデプロイなど、共通化できる開発サイクルを定型化・自動化

    オフショア



    オフショア



    今の段階で、技術力は日本に及ばないかもしれませんが、彼らの勤勉さや、これからの経済発展・所得水準の上昇を加味すると、ベトナムのエンジニアが日本を凌ぐ技術力を身に付ける日も遠くないことが予想されます。日本人のエンジニアも、海外の仕事をこなすために、国内に閉じこもっている時代ではなくなりました。 システム開発のコガソフトウェアは、グローバルエンジニアが、グローバルビジネスに最大限の貢献ができるフィールドを用意するために前進していきます。


    ベトナム・オフショアラボのチーム体制
チーム体制のパターン例を以下にお示しします。 いずれのパターンでも、チームにはブリッジSE・コミュニケータを配置します。 また、プロジェクトの立ち上げに際して、ラボを一度ご訪問されることをお勧めいたします。

お客様が現地に直接駐在されるパターン


オフショア


お客様は日本でプロジェクトを指揮されるパターン


オフショア

システム開発事業|オフショア開発 - ページ上部へ